知っておきたい屋根工事の相場!高品質求めるなら高価格帯も視野に

概ね、10年程度を目安に必要とされるのが屋根工事です。年間を通して自然災害に見舞われることが多い日本家屋に住む人にとっては、とても重要となります。とはいえ、構造上の問題などから目視することが難しいのが現実。通常の場合、屋根工事は業者に依頼しますが、相場について一定の知識を持っておいた方が安心です。詳細について見てみましょう。

業者任せは危険!最低限知っておきたい知識とは

屋根工事の相場

台風や地震などの自然災害はもとより、容赦なく照りつける紫外線などの脅威から私たちを守ってくれるのが屋根の重要な役割です。にもかかわらず、構造上の問題から実際に屋根の状況を住人自らがチェックすることは不可能と言わざるを得ません。だからこそ、信頼のできる工事業者に依頼することが求められます。建設業界での勤務経験がある人などは例外ですが、なかなか工事の相場を把握している人は少ないのが現実ではないでしょうか。「わからないから仕方ない」として工事業者の言われるがままに契約することを避けるためにも、それ相応の知識は持っておいた方が無難です。

選択する塗料次第で大きく変わることも!

一般的な大きさの家屋の屋根工事にかかる費用の相場については25万円〜40万円程度とされていますが、使用する塗料の品質や工事の際に組む足場の状況等によっても大きく異なってきます。塗料の中でもリーズナブルな価格で済むアクリルは1缶当たりの費用が10,000円程度で耐用年数は3年未満です。一方、高いものでは1缶当たり100,000円を超えることがある光触媒は、おおむね10年以上の耐用年数を誇ります。当然ながら、高品質な塗料を使うことで工事全体の相場は上がりますが、その分長期間に渡って良好な状態をキープすることが可能です。

リフォーム会社選び

最終的な判断は依頼主に!幅広い選択肢がある屋根工事

台風や地震などの自然災害に見舞われる機会が多い日本の家屋にとって、定期的な家屋工事は必要。しかしながら、住人が工事の費用相場の詳細を理解するのは困難です。平均的な家屋の場合、概算で25万円から40万円とされていますが、使う塗料などによって大きく変わってきます。安価で耐用年数が短いアクリルや高品質だが割高な光触媒などと複数の選択肢の中から決められます。

リフォーム会社選びに不安がある?それなら大手と地域密着型それぞれの特徴をチェック!

初めて家のリフォームを検討している方の中には、リフォーム会社選びに不安を感じるケースもあることでしょう。一口にリフォーム会社といっても様々なタイプがあるので、それぞれのメリットやデメリットなどの特徴をしっかり見極めた上で、納得のいく会社を選ぶことが大切です。そこで大手と地域密着型それぞれのタイプについて、ここでは詳しく紹介します。

大手のリフォーム会社ならではの特徴とは?

大手ハウスメーカー

一般的に大手のリフォーム会社と呼ばれているものは、大手ハウスメーカーのリフォーム部門や子会社であるケースが珍しくありません。このタイプの場合、大手ハウスメーカーならではの全国的な知名度の高さやブランド力によって、リフォーム工事も安心して依頼できるメリットがあります。

もちろん住宅全般についての実績やノウハウも豊富なので、例えば地震に強い家にしたい、断熱リフォームだけを要望する、バリアフリーやオール電化にしたい等、このような幅広いニーズにも応えることが可能です。また組織力にも優れているため、万が一のトラブルでも全国各地に所在する営業所や工場から、スピーディーで的確な対応が期待できます。その反面、工事費用やサービス費にかかるコストが全般的に高くなりがちなのが、大手ではデメリットと言えます。

地域密着型のリフォーム会社にはどんな特徴がある?

大手のリフォーム会社と対照的なのが、工務店やリフォーム専門会社です。このタイプでは地域密着型の営業活動に大きな特徴があります。地域の事情に詳しい上、特定のリフォーム分野に長けているケースが多く、お客様のきめ細かいニーズにも応じることが可能です。また店舗や会社の営業範囲であれば、万が一のトラブルでもスピーディーに対応してもらえます。

その反面、営業範囲に限界があることに加え、工事分野によって得意不得意にバラツキがあるのがデメリット。まず自分の住む地域が営業範囲かよく調べると同時に、水廻りの改装やエクステリアが得意、あるいはバリアフリー化に強みがある等、それぞれの得意分野もよく見極めてから会社を選ぶことが大切です。

工務店やリフォーム専門会社

理想的なリフォーム会社を選ぶなら、それぞれの特徴をよく見極めること!

ここまで紹介してきたように、一口にリフォーム会社といっても、大手と地域密着型ではそれぞれ特徴に違いがあります。このためリフォーム工事に求めるものによっては、その特徴がメリットやデメリットにもなることでしょう。自分のニーズにマッチした理想的なリフォームを実現したいなら、まず会社それぞれの特徴をよく見極めることが求められます。